ポルチオ開発されたあの日から…

某私立病院で神経外科の医師として勤める女医ティア。仕事熱心で患者から信頼を寄せる彼女はウイルス研究の成果に院内でも一目を置かれていた。その研究を水面下で狙っていたとある教授に共同研究の話を持ち寄られたが、きっぱりと断りを入れる…。この日から全てが狂ってゆく…。なんと院内にて極秘で進められている、あの‘ポルチオ開発’の人体実験のターゲットにされるのであった…。