交わる体液、濃密セックス S級人妻 鳴沢ゆり ~第3章~ 背徳感すら吹っ飛ぶふしだらな情痴

見つめ合い何度も唾液をネットリと絡ませ本能のままに貪り合う“人妻ゆり”。隆起したデカマラを嬉しそうに咥え込み舌先で竿を器用に弄ぶ。夫への罪悪感は次第に薄れ行き獣の如く無心で腰を振り続ける。沸き上がる情動が徐々に肉体を支配し始めていく…。 「もっと、もっと欲しい・・・」恍惚な表情で幾度もイキ果ててなお、激しいお掃除フェラですぐに次の挿入を懇願する。