交わる体液、濃密セックス

貴男のいない日は人肌恋しい… 誰か私を温めて… 身体の中の悪いものを出すかのように汗だく汁だくになって交尾をするみおん。「娼婦のようだ。と言われてもイイ。只、私は温もりを感じたい。」キスを重ねるごとに上がる体温、ピストンで室内に響く卑猥音、セックスで本能を呼び覚ます園田みおん。